親子でお出掛け

森の中の隠れた水族館で思いで作り

こんにちは、Kazu(@fujigokko)です。

そろそろ、子供達の『夏休み』が始まりますね。

喜ぶのは、子供達ですが、親としては
お出かけやらと結構ヤッカイな感じもします。

 

ここ、最近のニュースを見ていると
【 熱中症 】についての話題が多く感じます。

 

屋外で遊びに出かけるってだけじゃ
熱中症のリスクも上がる感じがします。

もちろん、水分補給、日陰での休憩が
キッチリ出来るのであれば、別ですよね!

 

外で水遊びができて
近くに室内があるって場所にお出かけが理想的に
なってきますよね。
そこで、今回ご紹介する場所は

山梨県立富士湧水の里水族館 】です。

森の中の水族館

この、山梨県立富士湧水の里水族館ですが

コンセプトが、森の中の水族館!!ですので
水族館の周囲も、木々などによる木陰も多く
芝生公園などもありますので
子供達が、外で遊ぶ場所としては、理想的な場所と感じます。
水族館の他に森の学習室と芝生公園が敷地内にあり
芝生公園には、小さなアスレチックの用意されていますので

芝生の感触をたしかめながら
アスレチックで遊び、じゃぶじゃぶ池で水遊びって
流れも、お子様が楽しめそうな感じですよね。

 

海水魚ではなく淡水魚の水族館

山梨県には、海がないですから
水族館にいる魚は、全て『淡水魚』なんです。

 

水槽内にいる魚は

  • ニジマス
  • イワナ
  • ヤマメ
  • ウグイ
  • ナマズ
  • ブラックバス
  • ブルーギル
  • ギンブナ
  • ドジョウ
  • メダカ

などが、飼育されています。

 

また、希少魚の「イトウ」も見る事ができるんです。

 

魚の種類も沢山ですが
水槽の種類も6種類ありまして

特に圧倒的な魚の数の水槽が
1階にある「二重回遊水槽」です。

先ほどの希少魚イトウやニジマスなどが
のんびりと泳いでいます。

この、二重回遊水槽だけで
魚の数が、約3000匹なんです。

二重ってところが、ポイントで
大型の魚と小型の魚とでしきられているので

小さな魚が、大きな魚に食べられる心配はないんです。

 

二重回遊水槽の他にいくつかある水槽と
ごらんになれる魚を紹介しますと

  • 横見水槽
    体長1mを超す「ソウギョ」や「チョウザメ」など約20種300匹の魚
    初夏には、約8,000匹のアユを見る事ができます。
  • 流水水槽
    源流には「イワナ」、上流には「ヤマメ」や「アマゴ」、
    中流には「オイカワ」や「ウグイ」などの魚
  • 深み魚水槽
    昔から日本に生息する肉食魚「ナマズ」や、
    特定外来生物「オオクチバス」、「ブルーギル」を見る事ができます。
  • 岸辺の水槽
    「小フナ」、「モロコ」、「モツゴ」など岸辺に集まる魚
  • 水草水槽
    「マドジョウ」、「シマドジョウ」、「ホトケドジョウ」の3種類のドジョウやメダカを見る事ができます。

どうですか、見た事ある魚はいましたか?

 

まとめ

二重回遊水槽以外にも、横見水槽も気になりますよね。
初夏には、約8,000匹のアユってどんな感じなんでしょうね!

 

この、横見水槽は、一面に広がる大きなガラス窓から水族館の外にある池の中をのぞく感じになります。池の中に階段で下る感じのイメージですね!

 

淡水魚の水族館があり、芝生の公園、森の学習室と
全てが敷地内にあるって移動が少なく、1日中遊べる場所ですよね。

夏休みの思い出作りのお出かけスポットに追加して見てはいかがですか?

 

***************************************************************

山梨県立富士湧水の里水族館 】

営業時間 9:00~18:00
定休日  火曜日(祝日の場合は翌日)
夏休み期間中は、営業しています。
※H30.7.21~8.31

入館料  大人¥420 小・中学生¥200 幼児(乳児・未就学児)¥無料
(小・中学生は、毎週土曜日は無料)
駐車場  無料(普通車100台)

 

 

****************************************************************